渡部暁斗の年収は?世界トップクラスでも厳しい事情。

スポーツ
スポンサーリンク

2022年北京オリンピックで日本選手団を代表して旗手を務めるノルディック複合の渡部暁斗さん。

北京オリンピックで5度目のオリンピック出場を果たす渡部暁斗

あまり知られていないノルディック複合の世界トップクラスの渡部暁斗選手が、どのくらいの年収かが気になりませんか?

今回は「渡部暁斗の年収は?世界トップクラスでも厳しい事情。」について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

渡部暁斗プロフィール

名前

渡部暁斗(わたべ・あきと)

生年月日

1988年5月26日

出身地

長野県白馬村

身長

173cm

主な戦績

ワールドカップ通算9勝(2位21回、3位17回)
ソチオリンピック銀メダル、平昌オリンピック銀メダル(共に個人ノーマルヒル)

渡部暁斗の年収は?

渡部暁斗さんが活躍するノルディック複合とは、クロスカントリースキーとスキージャンプの2つを組み合わせて競う競技です。

欧州中心のスキー界で新時代の幕開けを象徴したスポーツなので、ヨーロッパでは知名度が高いです。

日本ではあまり馴染みがなかったですが、1990年代ではあの有名な荻原兄弟でこの競技について知られた方も多いのではないでしょうか。

渡部暁斗選手は現在、世界的代表選手の1人として活躍されています。

賞金額も高そうな感じもします、一体どの位貰っているか気になりますよね?

渡部暁斗さんの考えられる収入源は下記の通り。

  • お給料
  • 大会賞金
  • スポンサー収入
  • イベント&講師
  • CMやテレビのメディア露出

お給料

渡部暁斗さんをはじめとするノルディック複合のアスリートの多くは、スキー部を持つ一般企業に所属しています。

渡部暁斗さんは長野県の本社を置く大手の北野建設に所属されています。

30代の平均年収が600万円前後とありますので、そのくらいは貰っておられると考えられます。

大会賞金

少し古い情報ですが、2014-2015シーズンの情報です。

その当時の賞金ランキング1位は、ドイツのエリック・フレンツェル選手で約988万円

そして、渡部暁斗選手は賞金ランキング4位の約610万円

意外と貰えないんだな思いませんか?

他のスキー競技と比べてみると…

【クロスカントリー】
・マルティン・ヨンスル・スンビ(ノルウェー)
2,511万円(賞金ランキング1位)
【スキージャンプ】
・フロイント(ドイツ)
2,575万円(賞金ランキング1位)
・葛西紀明(日本)
1,582万円(賞金ランキング6位)

かなり低い事分かりますよね。

2014-2015シーズンの渡部暁斗選手は個人総合2位という成績を残されていての約610万の獲得賞金額となりますので競技によってかなり違うことが分かります。

スポンサー収入

渡部暁斗さんのスポンサーは何社なのでしょうか?

ネット情報をもとに調査してみました。

おそらくスポンサーは8社!

  • 北野建設
  • バスクリン
  • バンテリン
  • ANA
  • SUBARU
  • KOSE
  • エイブル
  • HAKKAISAN

以上8社が確認できました。

2017年には大手企業の「味の素株式会社」とスポンサー契約は締結したことが発表されています。

現在もコロナによって減っている可能性もあります。

企業のスポンサー料や単価がわかりませんが、9社の企業が参加しているとなると400万円~500万円くらいになってくるのかなと考えられます。

イベント&講師・CMやテレビのメディア露出

イベント&講師、CM、テレビ出演の収入に関しては調査しましたが分かりませんでした。

オリンピックでの活躍次第でこの収入は大きく左右されると思います。

渡辺暁斗さんの年収を調査していきましたが、予想としまして

多くて1,500万円~1000万円くらいなのかないう結論に至りました。

渡部選手はソチと平昌で銀メダルを獲得しましたが、JOCからでる報酬は銀メダルで約200万円、金メダルは約500万円と言われています。

しかし、それ以上にメダルを取るのと取らないのではテレビの露出が大きく左右されるのでそういった意味でも是非メダルを獲得してもらいたいですね。

まとめ

今回は「渡部暁斗の年収は?世界トップクラスでも厳しい事情。」について紹介させていただきました。

ウィンタースポーツは資金難といられている意味が少しは分かった気がします。

2022年北京オリンピックでメダルの期待がかかる渡部暁斗さん。

是非、メダルを獲得されて、ノルディスク複合と言う競技が今以上に日本で有名なスポーツとなるように活躍していただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました