ドクターホワイトのあらすじ。新キャストKis-My-Ft2 宮田俊哉が出演決定!

芸能
スポンサーリンク

浜辺美波主演の新ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系・1月17日スタート、毎週月曜よる10時~)の放送が決定し話題になっていますが。

さらにこのドラマの追加キャストとして、今年デビュー10周年を迎えたジャニーズの人気グループ「Kis-My-Ft2」のメンバー宮田俊哉の出演が決定してさらなる話題を呼んでいます。

今回は「ドクターホワイト」放送前に簡単なあらすじ、概要、キスマイ宮田さんの役柄を調査しました。

 

スポンサーリンク

作品概要

・タイトル

ドクターホワイト

・放送枠
2022年1月17日(月)スタート 毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
・出演
浜辺美波 ・ 柄本佑 ・ 瀧本美織 ・ 岡崎紗絵 ・ 片桐仁 ・ 高橋努 ・ 高橋文哉 
勝地涼 ・ 宮田俊哉  ・ 小手伸也 ・ 石坂浩二 他
・原作
樹林 伸

・主な作品

ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』(角川文庫)
ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)
金田一少年の事件簿(漫画:さとうふみや、週刊少年マガジン、不定期連載)

ピッキングトリオの事件簿(テレビドラマ、原作・脚本)

石川五右衛門(主演:市川海老蔵、新作歌舞伎、脚本/ テレビドラマ、原作・脚本、2016年 テレビ東京)

リインカーネイション 恋愛輪廻(光文社、小説)

ビット・トレーダー(幻冬舎、小説)

・脚本
小峯裕之
・主な担当ドラマ

   ミス・パイロット(2013年:フジテレビ)

ビター・ブラッド(2014年:フジテレビ)

食の軍師(2015年:東京MX)

GIVER 復讐の贈与者(2018年:テレビ東京)

ヒモメン(2018年:テレビ朝日)

・音楽
福廣秀一朗
・プロデューサー
河西秀幸
小林 宙
・演出
城宝秀則・河野圭太・北坊信一
・制作
カンテレ・共同テレビ

あらすじ

早朝の公園で、素肌にたった一枚、白衣だけを身に着け倒れていたナゾの女性。

発見したのは、月刊医療ジャーナルの記者・狩岡将貴(柄本佑)。

透き通るような白い肌と整った顔立ちを持つ彼女は、自身を「白夜(浜辺美波)」と名乗るだけで、これまでの記憶を失っており、社会一般常識も持ち合わせていない。

しかし、医師でもないのになぜか驚異的な医学知識と天才的な診断能力が備わっていた。

彼女の才覚を認めた高森総合病院の院長・高森巌(石坂浩二)は、傾きかけた病院経営再建のために新設した「総合診断協議チーム」(通称CDT)に白夜をスカウト。

内科医、皮膚科医、脳神経外科医、精神科医など、各科を横断し、知識を集結させたCDTチームメンバー。その実態は、個性的でクセ強めな“はみ出し者”たち。

白夜は、そんな風変わりな医師たちと協議を行い、難しい症状でも病名を確定させて患者の命を救っていく。

宮田俊哉演じる、奥村淳平とは?

宮田が演じるのは、捜査二課の刑事・奥村淳平(おくむら・じゅんぺい)。

「月刊メディカルサーチ」の記者・狩岡将貴(柄本佑)と内科医・高森麻里亜(瀧本美織)は、中学時代の同級生。奥村淳平(宮田俊哉)は、刑事としては優秀だが、不器用で二課のはぐれ刑事的な存在。

長年の友人である狩岡将貴に依頼され、白夜(浜辺美波)の正体を探っていくことに…

宮田俊哉コメント全文

Q:オファーを受けた時の感想

最初に聞いた時は、ウソでしょ!? と思いました。普段の活動では、バラエティーのイメージがみなさんあると思うんですけど、ちょこちょこ舞台などお芝居の仕事も少しさせていただいていて……。僕は、役を演じるっていうことが、すごく好きなので、こういうチャンスをいただけて、うれしいなって思いました。マネージャーさんから、「新しいお仕事の話なんだけど…」って、言われたときは、「なんのバラエティーかな? どの番組だ?」って思いました(笑)。そしたら、それがドラマのお話で! それはがんばりますよ! って、思いましたね。

Q:地上波プライム帯の連続ドラマ初出演、刑事役を演じることについて

夜10時のドラマって、出るもんじゃなくて、観るもんだと思っていたので、お話をいただいた時、すごくうれしかったですね。アイドルとして活動していると、いろいろなジャンルのお仕事をさせていただきますが、役者のお仕事をいただけるっていうことも、本当にうれしいです。撮影が始まる前なので、少し緊張していますね。

Q:演じる刑事・奥村は、優秀だが不器用で二課の“はぐれ者”的な存在。自身と近いなと思う部分は?

わりと自分が不器用だなって思うことのほうがたくさんあるので、そういう部分では近いのかなって、思いましたね。でも、不器用を細分化していくと全然違うな、とも思います(笑)。台本を読んだ感じですと、淳平は、すごく楽しそうだなって思いました。柄本さん演じる将貴と瀧本さん演じる麻里亜と僕が演じる淳平、この3人が中学の同級生ということで、学生時代の仲間たちと集まるということが、僕自身はあんまりないので、実は憧れがあるんですよ。楽しそうだなって思いました(笑)。

Q:今回のドラマ出演にあたって、メンバーの反応は?

そうですね。僕ら、メンバー全員のスケジュールを一括管理しているアプリがあって、そこで「宮田・ドラマ」っていうのが入った時に、みんなが「おいおい! お前、ドラマ出んのか!」って、なって。「そうなんだよ、オレ、ドラマ出んだよ」っていう話のなかで、「え、どんなドラマ?」って、二階堂とか玉森とかは聞いてくれましたね。

Q:ドラマへの意気込みと視聴者にメッセージ

僕にとって、初めての地上波プライム帯連ドラ出演なので、意気込みとしては、この作品がよくなる1つの要素になれたらいいなと思います。自分が引っ張っていって、物語が動いていくわけではないので、「あれ? あの役の人、なんかいい味出てるよね」とか、そういう“1つのスパイス”になれたらいいなと思います。シリアスな部分とコメディーの部分があって、ほんとあっという間に1時間が終わってしまう面白い作品だと思うので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。
このようにコメントされています。
一体どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

まとめ

今回、2020年1月に放送がスタートするドラマ「ドクターホワイト」について紹介しました。

宮田俊哉さんのいつものバラエティー番組などとは違う姿をみるのが楽しみだという方も多いと思います。

一体どんな演技を見せてくれるのか注目ですね。

まだまだ、色んなキャストの出演が期待されるドクターホワイト。

今後に是非注目してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました